DVDを使用している女性

自炊代行とは

ハンドパーツ(CDを持つ)

自炊代行を存続させるために法改正も

本をスキャンするということは、本のコピーをするということです。この行為は本の持ち主が行う分には問題ありません。勿論、本をスキャンした後に、そのデータをインターネット上にアップロードして、不特定多数の人に見られるようにするというのは駄目ですが、所有者が私的利用のために所有物のコピーを行うことは法律で認められているのです。 ただ、最近よく聞くようになった自炊代行業は、本の持ち主以外の人間が複製を行うことになるので、その点が平気なのかどうかが議論されています。なので、完全に問題をクリアするには、今後、自炊代行業者が業界の自主ルールを制定し、また、法改正を働きかけて、自炊代行はまったく問題がないという風にするという流れになるでしょう。

代行業者に送る前にスキャン出来ない本をチェックしよう

自炊代行を利用する場合、代行業者のホームページを読んで、スキャン出来ない本の著者をチェックするようにしましょう。 どういうことかというと、一部の本の著者は、自分の本はスキャンしないでほしいと自炊代行業者にお願いをしており、代行業者はそのお願いを受けて、彼らの本をスキャンしていません。もし送られてきたら、着払いで返送することになっています。 また、本を送る際には、折れているページがないかをチェックしましょう。たとえば、読んだページがわかるようにページの端を折るケースがありますが、そうなっているとスキャナーに読み込ませた時に、うまく紙が入っていかない場合があります。業者にチェックしてもらう場合は、チェックのための代金を別に払わないといけなくなる場合があるので、自分でやった方がお得です